機種変更をしてLINEが消えた!

 

突然LINEが消えてしまった!

 

そんな時でも今回紹介する方法でしっかりバックアップを取っておけば消える前と同じようにLINEが使えるようになります。

 

逆にしっかりバックアップを取っておかないと今までのデータを復元することはできません。

 

友達やプロフィールはもちろんですが、購入したスタンプまで消えてしまうことになってしまいます。

 

これは相当な痛手ですよね。

 

そうならないためにも今回のLINEでバックアップを取る方法を初期設定でしっかり行うようにしてくださいね。

 

LINEのバックアップを取る方法は主に2種類あり、1つはメールアドレスで取る方法、もう1つはFacebookで取る方法です。

 

それは1つずつ紹介していきます。

メールアドレスでバックアップを取る方法

まずはLINEにログイン

line%e8%aa%ac%e6%98%8e%e7%94%bb%e9%9d%a2%ef%bc%91




 

赤丸で囲んだ部分をします。

 

line1

 

「アカウント」を開きます。

 

line2

 

「メールアドレス登録」を開きます。

 

この時点ではまだ未登録になっています。

 

 

line3

 

Gmailやスマホなどご自身メールアドレスを入力してください。

 

パスワードは任意のパスワードを入力してください。

 

line4

 

今回はGmailで入力しました。

 

line5

 

GmailのメールボックスにLINEから認証番号が届いているので

 

line6

 

届いた認証番号を入力してください。

 

 

line7

 

入力が完了すれば「メール認証」をクリックしてください。

 

line8

 

無事完了しました。

 

 

line9

 

登録完了になっていれば成功です。

 

これでメールアドレスでのバックアップは取れました。

 

機種変更、アンインストール、突然消えたなど再度LINEをインストールした時にメールアドレスとパスワード・電話番号とパスワードで元の状態で使用できるようになります。

Facebookでバックアップを取る方法

基本的な手順はメールアドレスの方法と同じです。

 

アカウント開きます。

 

lineff1

 

「Facebook」を開きます。

 

この時点ではまだ「連携する」になっています。

 

 

linef2

 

Facebookに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してください。

 

linef3

 

ログインしてください。

 

 

linef4

 

先ほどの「連携する」が「連携解除」になっていれば成功です。

 

これでFacebookでもバックアップを取ることが出来ました。

 

再インストールした際に

 

linef6

 

Facebookでログインを開きメールアドレスとパスワードを入力すればLINEにログイン出来るようになります。

 

 

linef5

アンインストールして再インストール

しっかりバックアップが取れてるか試しにアンインストールして再インストールしてみました。

 

今回はメールアドレスの方です。

 

lineline%ef%bc%91

 

再インストール。

 

 

lineline2

 

新規登録じゃなくてログインの方を選択。

 

lineline3

 

設定したメールアドレスとパスワードを入力。

 

 

lineline4

 

電話番号を入力して「番号認証」

 

 

lineline5

 

SMSにLINEから認証番号が届く。

 

 

lineline6

認証番号を入力して「次へ」。

 

lineline7

 

今回は「年齢確認をしない」を選択。

 

 

line10

 

無事元通りに復元出来てました。

 

やる作業自体はとても簡単ですのでスキマ時間などの設定しておけば良いのではないでしょうか。

 

ただ、これでも復元できないものが実はあります。

 

それがトークの履歴です。

 

トーク履歴の復元はまた別の方法でバックアップを取る必要があります。

 

終わりに

バックアップを取っておかないと、もしLINEが消えた時に全て初期状態からになるのでこれは避けたいですよね。

 

一からやり直しってLINEに限らず何でもしんどいじゃないですか。

 

こんな記事も読まれています

 
 

あの時バックアップを取っておけば良かった…とならないようにまだであれば今すぐにでもバックアップを取っておきましょう。