LINEは手軽にメッセージのやり取りが出来る便利なアプリですが、お手軽に出来るからこそちょっとした不具合があるだけでかなり不便に感じてしまいますよね。

 

アプリ関連には不具合はつきものですが、連絡手段であるLINEの場合は尚更そう感じるのではないでしょうか。

 

特にメッセージ関連の不具合は避けたいですよね。

 

メッセージを送信しているのに相手には届かない…こんな悲しいことはありません。

 

こちらには送信した内容が反映されてるのに相手には反映されていない、そんな不具合がLINEでは稀にあります。

 

一つ間違えばブロックされてる!無視されてる!などトラブルになりかねない勘違いをしてしまう可能性もあります。

 

そこで今回はLINEのメッセージが届かない原因と解決方法について紹介していきます。

 

LINEのメッセージが届かない3つの原因

LINEでメッセージが届かない時はこれから紹介する3つの原因を確認してみてください。

 

実は見落としている、知らなかったなど見直す箇所があるかもしれません。

 

LINEの容量がいっぱいで重くなっている

これは結構ありがちで、LINEは使い勝手が良い分、知らず知らずの内に容量がいっぱいになってしまうことがあります。

 

例えばトーク履歴なんかは受け取ったら消すと言う事はあまりしないですよね。




 

実はトーク履歴が溜まっていくとLINEを圧迫する原因になってしまいます。

 

その他にも動画が大量にあったり、高画質な写真が大量にあったりなどLINEの容量を圧迫してしまう原因になってしまいます。

 

LINEを古いバージョンでずっと使っている

こちらもLINEのメッセージが届かない原因の1つになります。

 

定期的にアップデートのお知らせが届きますがこれをしばらくスルーしているとメッセージが届かない不具合が起こる可能性があります。

 

電波状況が悪い

メッセージを送る際のスマホ自体の電波状況が悪いと届かない原因になります。

 

少しだけ電波がある!という状況でも届かない事があるみたいです。

 

LINEのメッセージが届かない原因の解決方法

主なメッセージが届かない原因は上記の3の場合がほとんどです。

 

次に3つの原因を解決していきましょう。

 

LINEの容量を軽くする

LINEの容量を軽くする方法は様々ですが、管理人が定期的に行っているLINEの容量を減らす方法を試してみてください。

 

詳しい方法はこちらの記事で解説しています。

 

 

これでLINEがサクサク動くようになるのでメッセージも届きやすくなります。

 

最新のバージョンにアップデートする

単純ですがお使いのLINEバージョンが古い場合は最新のバージョンにアップデートしてください。

 

LINEも日々便利な機能をアップデートで追加してるので、セキュリティ強化にもなりますし、現状より便利になることは間違いないです。

 

ただ、しばらくアップデートしていなのに急に最新バージョンアップデートするとどんな不具合が起こるか分かりません。

 

なので、アップデートする際にはLINEのバックアップを取っておいた方が無難です。

 

バックアップの取り方についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

バックアップさえ取っておけばどんな不具合も怖くありません!

 

 

電波の良い環境、出来ればWi-Fiのある環境で

電波が悪い状況だとLINEだけに限らず、通常のメールでも相手に届かない事があります。

 

メッセージを送る時には電波の環境で行うのがベストです。

 

そして出来ればWi-Fi環境があればベストですね。

 

ただ、自宅のWi-Fiでありがちですが、コンセントが抜けているなど稀にWi-Fiがしっかり機能していない時があります。

 

定期的に確認するなどして環境を万全にしておきましょう。

 

終わりに

LINEで大切なメッセージや重要なメッセージが相手に届いていないと様々なトラブルの要因になります。

 

例えば、友達と遊ぶ約束をしていて、急な用事で行けなくなったとこちらが連絡したつもりでも相手には届いていない…これはゾッとしますよね。

 

こんな記事も読まれています

 
 

LINEのメッセージが届かないとそんなトラブルにもなりかねないので、今回紹介した原因を確認して解決方法を試してみてください。